車を運転する仕事

接客スキルも必要

運転免許証を取得して、すぐタクシードライバーになることはできません。
3年が経過してから、求人に応募しましょう。
タクシードライバーはお客さんを乗せて走行するので、絶対に事故を起こしてはいけません。
またお客さんを不快にさせないように、接客術を勉強する必要があります。
こちらの態度や言葉遣いに問題があるとお客さんが怒り、利用してくれなくなるので気を付けましょう。

タクシードライバーは第二種免許証が必要ですが、第一種免許しか持っていない人もいるでしょう。
そのような人でも、安心してください。
多くの会社では、入社してから第二種普通免許を取得するためにサポートしてくれます。
費用も出してくれるので、自分の負担を削減できますね。

頑張ればたくさん稼げる

ほとんどのタクシー会社は、完全歩合制です。
多少の誤差はありますが、大体は売り上げの6割がドライバーの給料になり、残りの4割が会社に入ります。
ですからたくさんお客さんを乗せて走れば、それだけ高い給料を得られます。
自分の頑張りが給料に反映されるので、高いモチベーションを維持しながら働けるでしょう。
うまく行くと年収で、600万円以上を稼げるドライバーも見られます。

リピーターを増やすことで、効率良く稼げると言われています。
指定された場所に辿り着くまで、最短でどのルートを通れば良いのか頭の中で計画を考えましょう。
急いでいるお客さんの場合は信号が多い大通りを避けて裏道を通るなど、その時に合わせて対応することがコツです。


運転免許証を持っているメリット

この記事をシェアする